時代によって変わる

リラックスする外国人女性

日本では明治時代頃から様々なマッサージ方法が海外から入ってきて、昭和30年代になるとあん摩マッサージ指圧が認められて国家資格になって行ったのです。 現代では忙しい毎日からストレスを抱える人が増え、鬱や自律神経失調症などの精神的な問題を抱えてしまう人も増えて行ったのです。それによって癒しがブームになり、様々なリラクゼーションマッサージサロンが開業していったのです。 現代ではリラクゼーションマッサージの数はとても多く、アロマオイル、タイ古式、バリニーズ、ロミロミなど海外からの施術方法もどんどん導入されています。 マッサージスクールの数も増えて、日本から海外のスクールに斡旋している所も増えおり誰でも手軽に学べるようになっています。

マッサージはもともとは治療目的として利用されてきましたが、最近ではリラクゼーション目的で利用している人も増えてきています。 治療の場合には保険が適応されることもあるのですが、リラクゼーションの場合は自費になります。ホテルのスパやリラックス効果が高い施術の場合は料金も高くなっていますが、最近ではどんどん価格が下がってきています。 マッサージは身体や疲れを癒すために必要ですが、値段はそれほど安くないため贅沢な分類だったのです。しかし現代ではとてもリーズナブルな料金になっており、今後もどんどん値段を安くしたマッサージ店が増えてくると予測されます。 ちょっと肩が痛くなった時にすぐもんでもらえる、そんな低価格なお店が増えるようになると考えられるのです。